企業の資金管理にはどんな方法があるの?

企業の資金管理の基礎を考えていこう

会社設立のメリットとデメリット

資金管理をしていくうえで、まずは最も大切である「資金」について考えて行きましょう。 資金は会社運営をしていくにあたって、なくてはならないものです。 ざっくりとはわかっていても意外と勘違いしていることがあるかもしれません。 しっかりと資金について理解して資金管理に役立ててください。

会社運営するために必要なものとは?

会社法が改正されたため、新たに会社を設立したい時に現在では誰でも簡単に会社設立を行うことができます。
しかし、その後の会社運営は簡単なものではなく、挫折してしまう例も少ないことではありません。
安易に会社設立をするのではなく、メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで計画的に起業することをお勧めします。
ここでは簡単に会社設立のメリットとデメリットをご紹介しますので参考にしてみてください。

会社を設立するメリットとしては、個人事業よりも取引先などからの信頼を得やすいという点があげられます。
もちろん個人でも技術や実績を積むことができれば信頼を得る事ができますが、昔からの先入観からか個人事業とは取引をしないという会社もまだ少なくはないです。
その他のメリットは融資、資金調達、取引先の幅が広がる点で、特に融資は金融機関からの扱いが個人と法人とでは大きく違ってきてしまいます。

一方、デメリットは法人化してしまうと法人住民税の均等割が発生してしまいます。
毎年の税務申告をする際に例え会社が赤字であったとしても、支払わなければいけない税金が法人住民税の均等割で、東京都の場合で毎年7万円はかかってしまうので注意してください。
また、法人化をすると社会保険と厚生年金保険への加入が義務づけられ、社会保険と厚生年金は国民健康保険と国民年金よりも高額になります。
この保険料は本人と会社との折半になりますので会社の負担は大きくなってしまうのです。

資金管理の中軸

資金管理の中で最も大切なことが資金繰りです。 資金繰りとは資金の調達やその運用のことを指し、資金管理の中軸と言うことができるので、資金繰りを上手に行っている企業は安定していると言われることが多くなります。 そんな資金繰りについていろいろな角度から見てみましょう。

お金の流れを把握しよう

資金繰りについてなんとなくわかったら資金繰りを中心とした資金管理を始めます。 資金管理の基礎は全ての資金とその資金の流れを把握することです。 全てを把握していないと正確な計算が行えませんし、そうすると上手く会社の経営が進んでいきませんので資金繰り表などを上手く活用していきましょう。

TOPへ戻る