企業の資金管理の基礎を考えていこう

>

会社設立のメリットとデメリット

会社の資金とは何?

資金とは事業の経営のために必要なお金のことを指します。
つまり資金管理とは会社経営に必要なお金の管理ということですが、現代では銀行預金も使用されるので銀行の残高も含めて資金というようです。
その資金を製造費や仕入れ費、人件費や広告料などの会社運営に使うことになります。
会社運営を行う上では資金は増えたり減ったりし、当然のことですが資金がなくなってしまえば会社の運営は難しくなってしまい、最悪の場合は倒産となります。
そんな資金の出入りをしっかりと見て、資金がなくならないように上手く管理していくことが資金管理の基本となるのです。
なお、資金と利益は違うものですので注意してください。
資金は現金と預金で、利益は計算上の数字なので、実際の現金と計算上出てきた利益とは差が起きることがありますので混同しないようにしましょう。

開業資金と運転資金の違い

資金は開業資金と運転資金に分けることができます。
開業資金とは事業を始めるときにだけ必要となるお金で、運転資金はその事業を続けていくために必要なお金です。
この二つの資金を分けて考えることが重要となります。
開業資金は、事業を始めるにあたって調達ができていないといけない資金ですので、どのような方法で調達するかを決めてしっかりと確保します。
運転資金は事業を始めた後の会社運営に必要な資金なので、例え売上がなくても発生する家賃や人件費などの固定費は考えて確保しておかなければいけません。
この固定費を確保するために毎月どれくらいの利益が必要になるのかを知るために損益分岐点売上高をしっかりと計算しておくことも大切なこととなります。


TOPへ戻る