企業の資金管理の基礎を考えていこう

>

資金管理の中軸

黒字倒産しないために

会社に利益が出ていても資金がなくなってしまうと倒産してしまいます。
これを黒字倒産と呼びますが、なぜ黒字倒産が起こってしまうのでしょうか?
会計ソフトを使用したり、税理士さんが出してくれた決算書や試算表を見ただけでは資金繰りはできません。
資金の動きと利益の計上は必ずしも一致しない場合があるからです。
利益が出ているからといって安心していると、資金の状態を見逃してしまって黒字倒産してしまう可能性もあります。

黒字倒産まではいかなくても入金と出金のバランスが崩れてしまうと資金ショート(資金不足)することもあり、それを繰り返してしまうと不安定となってしまうので、そこで早めの対策をとる必要があり、その対策こそが資金繰りです。

資金繰り悪化の原因

資金繰りが悪化してしまうと最悪の場合は倒産となりますが、その資金繰りの悪化の原因は何なのかを見て行きましょう。
主な原因としては、売上の減少、経費の増加、出費の増加などが挙げられます。
売上が減少したら経費も同じく減少してくれればいいのですが、経費には固定費も含まれているので大幅な減少にはなかなか繋がりません。
経費と出費の増加は入金の学をしっかりと考えて購入を検討して上手くバランスをとっていくことが重要です。
入金手段や支払い手段、入金までの期間や支払い期間も早かったり遅かったりすると資金繰りに影響が出る場合もありますのでしっかりと確認してください。
また、資金調達や借入返済などの銀行取引が上手くいかない場合も資金繰り悪化に繋がりますので注意しましょう。


TOPへ戻る